2013/04/20, story

日曜にフラッとオススメ!サスペンスの神ヒッチコック

映画の天才

どうも、aoです。
 
現在、公開中の『ヒッチコック』という映画を見ました。
ヒッチコックと言えば、有名な映画監督です。
あまり映画を見ない人でも、名前くらいは聞いたことがあると思います。
 
彼は映画の天才で、彼が発明したと言われる映画技法は
多すぎて数えきれないほど。
 
ヒッチコック以降の映画で彼の影響を受けてない映画は
ほぼないとさえ言われています。
 

サスペンスの神様とまで呼ばれていた彼ですが、
この映画は別にホラー映画ではありません。
 
ヒッチコック映画の中でも特に有名な映画『サイコ』。
この映画はサイコ製作の舞台裏を映画化したものなのです。
 
なのでこの映画ではちょっと驚くような裏話も出てきますがますが、
それらも本当にあった話なんです。

ストーリー

映画「北北西に進路を取れ」をヒットさせたヒッチコックが、
記者に「あなたは凄い監督だけど、引退は考えないのですか?」と
不躾な質問をされるところから始まります。
 
まだまだ映画を撮り続ける気でいる彼は、次の企画を探し始めます。
そして、彼はある恐ろしい小説に目をつけた。
その小説の名前は「サイコ」。
 
ところが、映画会社はもっと客が入りそうな映画を撮れと猛反対。
長年ヒッチコックを影で支えてきた妻・アルマも反対します。
しかしそれでもヒッチコックはこの映画でなくては駄目だ!と
無理矢理に企画を進めていくのでした。
 

この映画はヒッチコックがサイコの製作に難儀する話と、
妻・アルマとの確執の話、2つの話を軸に進みます。
 
映画はドラマ仕立てで作られているので気軽に見れるし、
ヒッチコックに関しての知識が全く無い人でも
トリビア的に楽しめると思います。
 
自分もサイコに関しての逸話はいくつか知っていましたが、
彼の妻・アルマの重要性については知りませんでしたので、
トリビア的に楽しみました。

スピルバーグの大作リンカーンの公開も始まりましたが、
ヒッチコックはもっと軽~い気持ちで
フラッと映画を見に行きたい時にオススメです!
 
そのまま帰りにサイコを借りて帰るのもいいと思います。

オマケ

今回の映画ヒッチコックの原作になっている本です。
映画を見て興味がわいた人も、見てなくて興味がわいた人も、是非☆
 

他のおすすめ作品はこちら。

このエントリーをはてなブックマークに追加