2013/02/12, story

へいお待ち!ただいま公開中!世界に誇る2つの寿司映画!

世界に普及したシースー

こんにちはaoです。
 
突然ですが、日本食の中で
世界に一番普及した食べ物って 寿司 じゃないでしょうか?
 
そんな寿司はいまや食べ物としてだけでなく、
色々な形で世界に広がっていってるんです。
 
今日はそんな寿司の形の例として
2つの映画 を紹介します。

二郎は鮨の夢を見る/監督:デビット・ゲルブ【公開中】

まず一本目は、
東京・銀座すきやばし次郎本店を、
子供の頃から寿司に惚れ込んでいたアメリカ人の監督が、
私財をなげうって密着したドキュメンタリー映画。
 
この、「すきばやし次郎」というお店がすごい!
 
なんとあのミシュランで、
6年連続三ツ星 を獲得してるんです!
 
おまかせが¥30,000~と、
文句なしの高級店です。
 
この映画では、寿司職人を通して、
世界が日本人にイメージしている、
日本人の細かな気配りや、
見えない所でのこだわりなどが描かれています。
 
アメリカの公開では、
小規模公開から口コミで話題を広げ、
異例の大ヒット を果たしました。
 
アカデミー賞ドキュメンタリー部門ノミネートも
有力視されていたようですが、惜しくも選考からは漏れました。
 
しかし、立派な成績を残し、
現在、日本でも公開が始まっています。
 

デッド寿司/監督:井口昇【公開中】

二本目のこちらは、
「片腕マシンガンガール」「電人ザボーガー」などで、
世界でも人気のある 井口昇監督 の最新作。
 
タイトルからも想像がつきますが、
内容は、人喰い寿司
主人公の女の子の戦いを描いたホラー映画で、
世界に普及した寿司を、
エンターテイメントとして扱った意欲的な作品になっています。
 
海外のB級映画の様なつくりで、
アメリカ人にはバカウケ。
 
こちらもすでに、アメリカ最大のジャンル映画祭
ファンタスティック・フェストで、
主演の 武田梨奈 がコメディ女優賞を獲得するなど、
アメリカでの成績を残しての凱旋作品になります。
 ※予告、一部グロテスクな表現あり!!
 

ちなみに人喰い寿司達は、
Twitterもやっているようなのでアカウント載せておきます。
 
 ・トロカッター @toro_cutter
 ・玉子ちゃん @tamago_sushi_
 ・イクラリアン @ikuralian
 ・エビゾー   @ebi_zow
 

寿司って奥深い

かたや 寿司から日本の職人のこだわりがわかる映画、
かたや 寿司をエンターテイメントにもしてしまった映画。
 
両者とも海外でたくさんの人に見られての凱旋です。
 
アカデミー前で大作映画も多く公開されてますが、
たまにはこういった趣向の映画もどうでしょう?

オマケ

最後に、去年のイベントで披露された
特別ゲスト・松崎しげる氏(デッド寿司にも出演)による、
デッド寿司の内容を、
彼の代表曲「愛のメモリー」に乗せて歌った
爆笑動画も貼っておきます!(4:00~)
 

寿司は出てないけど、他のオススメ物語!

このエントリーをはてなブックマークに追加